次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは6件です

テーマ:【美術館】

再検索
  • 兵庫日帰りバス
  • 出発決定日あり

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

旅行代金 13,990円
旅行日数 1日
出発日 12月9日・12日
コース番号 3K1424

ライデン国立古代博物館所蔵
古代エジプト展
【会期】2021年11月20日(土)~2022年2月27日(日)
【会場】兵庫県立美術館

大英博物館やルーヴル美術館と並び世界屈指の古代エジプト・コレクションを誇るオランダのライデン国立古代博物館の約25,000点にのぼる所蔵品から厳選された、ミイラや副葬品など約250点を展示。なかでも貴重なミイラ棺十数点を特別に立てた状態で展示しており、棺の個性的なかたちや色、装飾などを様々な角度からご覧いただくことができます。
近代人を魅了した遺跡発掘から、CTスキャンを駆使し、現代科学の粋によって解明されたミイラの生前の様子など、ライデン国立古代博物館の全面的な支援のもと、古代エジプト文明の魅力を様々な視点から紹介します。

★みどころ★
①ヨーロッパ5大エジプト・コレクションのひとつ、ライデン国立古代博物館から約250点が来日!
②圧巻の立体展示!棺十数点が一挙集合
③本展出展のミイラのCTスキャンの研究成果を世界初公開!

★ご昼食は、櫻正宗記念館 櫻宴にて酒蔵ならではの和食御膳!
櫻正宗創醸400年、創業300年の歴史を物語る酒造道具、昔なつかしい看板、酒瓶やラベルなどここでしか見られない展示が並ぶ記念館併設のレストランでご昼食をお楽しみください。


【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

目的地 近畿
食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 大阪日帰りバス
    • 出発決定日あり

    メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年

    旅行代金 15,990円
    旅行日数 日帰り
    出発日 1月8日・9日・10日・12日・13日・14日
    コース番号 3K1438

    ★メトロポリタン美術館展

    【会場】大阪市立美術館
    【会期】2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)

    1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、先史時代から現代まで、5000年以上にわたる世界各地の文化遺産を包括的に所蔵しています。

    本展では、同館を構成する17部門のうち、ヨーロッパ絵画部門に属する約2500点の所蔵品から、選りすぐられた珠玉の名画65点(うち46点は日本初公開)を展覧します。15世紀の初期ルネサンスの絵画から19世紀のポスト印象派まで、西洋絵画の500年の歴史を彩った巨匠たちの傑作が、一挙来日します。

    フラ・アンジェリコ、ラファエロ、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコから、カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、レンブラント、 フェルメール、ルーベンス、ベラスケス、プッサン、ヴァトー、ブーシェ、そしてゴヤ、ターナー、クールベ、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌまで、時代順に3章構成でご紹介します。メトロポリタン美術館が誇る至高の名画を、ぜひご堪能ください。

    ★ご昼食は、ホテルロイヤルクラシック大阪にてランチビュッフェをお楽しみください。
    ビュッフェで旅するヨーロッパフェアを開催中ですのでアレンジメニューから伝統的な料理までホテルで旅気分を味わっていただければと思います。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 木島櫻谷「駅路之春 左隻」 福田美術館蔵
    旅行代金 15,990円
    旅行日数 1日
    出発日 12月9日・13日
    コース番号 3P1018

    近代京都画壇を代表する巨匠 
    木島櫻谷(このしま おうこく)  ~究めて魅せた「おうこくさん」~
    文展の出品作《駅路之春》や約110年ぶりの公開となる《細雨・落葉》 
    初公開作品52点を含む合計100点以上    福田美術館
    「おうこくさん」の人となりが偲ばれる展示室  嵯峨嵐山文華館

    ☆近代の京都画壇を代表する巨匠・木島櫻谷(1877-1938)。近年、動物画を中心に日本画ファンの枠を超えて人気が高まっている画家ですが、本展では各地から発見された新出作品52点、文展・帝展出品作品を含む合計100点以上もの作品を、福田美術館と嵯峨嵐山文華館の二館共催で展示。櫻谷芸術の全貌を通覧できる展覧会となっております。

    木島櫻谷は、明治10年(1877)に京都三条室町の商家に生まれました。
    精緻な花鳥画で当時の京都きっての人気作家であった今尾景年(1845−1924)に16歳から師事し、師風を受け継ぎながらもその枠内に留まらず、動物画、人物画や歴史画までも究めてみせました。
    明治40年(1907)に始まった文部省美術展覧会(文展)では6年連続で上位入賞を果たしており、文展が帝国美術院展覧会(帝展)として改組された後も、審査員を務め活動を続けました。
    第1会場の福田美術館では、文展の出品作《駅路之春》(福田美術館)や《和楽》(京都市美術館)、約110年ぶりの公開となる《細雨・落葉》(個人蔵)など大型の屏風作品を含む約60点を展示。櫻谷を一躍有名にした動物画をはじめ、人物、山水など多岐にわたる作品を通じ、画家としての足跡をたどります。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 香川日帰りバス
    • 出発決定日あり

    【新かがわ割】16名限定 直島アートな島めぐり 

    提供:(公社)香川県観光協会
    旅行代金 17,990円
    旅行日数 日帰り
    出発日 12月11日・12日・15日・16日
    コース番号 3S603

    古い町並みと現代アートが調和する直島
    現地では楽々ジャンボタクシーに乗り換え!

    ★ベネッセハウスミュージアム
    1992年に開館した、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、安藤忠雄が設計した美術館とホテルが一体となった施設です。
    館内には収蔵作品に加え、アーティストがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストは自ら場所を選び、作品を制作しています。作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在しています。 館内だけでなく、瀬戸内の豊かな自然があふれる周辺を散策しながら思わぬ作品に出会うこともこの施設の楽しみ方の一つです。

    ご昼食は、ベネッセハウスミュージアム内にある『日本料理 一扇』で旬の食材を使った豪華吉野棚御膳をご用意しております!

    ★地中美術館
    2004年に設立された美術館。安藤忠雄設計の館内にはクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久設置されています。アーティストと建築家とが互いに構想をぶつけ合いながら作り上げたこの美術館は、建物全体が巨大なサイトスペシフィック・ワークといえるでしょう。瀬戸内海の美しい景観を損なわないよう、建物の大半が地下に埋設されたこの美術館は、地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。

    ★家プロジェクト
    家プロジェクトは直島・本村地区において展開するアートプロジェクトです。「角屋」(1998年)に始まったこのプロジェクトは、現在7軒が公開されています。点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアーティストが作品化しています。地域に点在する作品は、現在も生活が営まれている本村を散策しながら鑑賞することになります。

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 15,000円
    旅行日数 1日
    出発日 12月10日・11日・18日・23日
    コース番号 3S631

    完全予約制!
    作品と海が調和するランドスケープミュージアム  NAGARE STUDIO 流政之美術館
    現地案内人付でめぐります!
    世界的彫刻家 流政之は1923年生まれ。
    刀鍛冶、装丁家、零戦パイロットなどの経歴をもち、彫刻だけにとどまらず作庭や陶芸、家具デザインなど、多彩な造形においても独自の技法やスタイルを確立した作家でした。
    ナガレスタジオは香川県高松市、庵治半島東の岬に建つ流の住居兼、制作の拠点です。1966年から広大な敷地に焼きそこないの煉瓦を集め、少しずつ改築と増築を繰り返し現在の姿となっています。晩年までこの場所で暮らし、数え切れない作品を制作していました。
    ここは流政之の哲学、美学を背景に築いた制作活動を語る上で欠かすことのできない場、流の感覚が集結した場所です。


    ジョージ ナカシマの作品を堪能できる世界で無二の場所 ジョージナカシマ記念館
    木と対話しながら家具づくりを行ったジョージ ナカシマ。彼の作品に囲まれていると、まるで森の中にいるような心地さえしてきます。その生き方や哲学を伝えたいと、1964年以来、世界で唯一ナカシマがその技術を認め、ともに家具製作をしてきた桜製作所が記念館を設立。建築家時代の貴重な初期の椅子をはじめ、日米両国で作られた家具約60点が、直筆の手紙や図面などと共に展示されています。ナカシマの仕事場で使われている机など約60点の作品がある。アメリカ・ニューホープの工房以外では、ジョージ ナカシマの作品を堪能できる世界で無二の場所です。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 15,000円
    旅行日数 1日
    出発日 12月17日
    コース番号 3S646

    完全予約制!
    作品と海が調和するランドスケープミュージアム  NAGARE STUDIO 流政之美術館
    現地案内人付でめぐります!
    世界的彫刻家 流政之は1923年生まれ。
    刀鍛冶、装丁家、零戦パイロットなどの経歴をもち、彫刻だけにとどまらず作庭や陶芸、家具デザインなど、多彩な造形においても独自の技法やスタイルを確立した作家でした。
    ナガレスタジオは香川県高松市、庵治半島東の岬に建つ流の住居兼、制作の拠点です。1966年から広大な敷地に焼きそこないの煉瓦を集め、少しずつ改築と増築を繰り返し現在の姿となっています。晩年までこの場所で暮らし、数え切れない作品を制作していました。
    ここは流政之の哲学、美学を背景に築いた制作活動を語る上で欠かすことのできない場、流の感覚が集結した場所です。


    ジョージ ナカシマの作品を堪能できる世界で無二の場所 ジョージナカシマ記念館
    木と対話しながら家具づくりを行ったジョージ ナカシマ。彼の作品に囲まれていると、まるで森の中にいるような心地さえしてきます。その生き方や哲学を伝えたいと、1964年以来、世界で唯一ナカシマがその技術を認め、ともに家具製作をしてきた桜製作所が記念館を設立。建築家時代の貴重な初期の椅子をはじめ、日米両国で作られた家具約60点が、直筆の手紙や図面などと共に展示されています。ナカシマの仕事場で使われている机など約60点の作品がある。アメリカ・ニューホープの工房以外では、ジョージ ナカシマの作品を堪能できる世界で無二の場所です。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 四国
    食事 なし
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る