次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは2件です

テーマ:【教養・歴史】

再検索
旅行代金 15,990円
旅行日数 1日
出発日 12月9日
コース番号 3B550

【瀬戸の島たび〜全8回〜】
①ゆっくり! じっくり! 1日かけて島をご堪能
②島在住のおもしろ名物ガイドさんがご案内
③島ならではのご昼食付き♪(例.島の郷土料理 茶粥や島の食材にこだわったコースランチなど…)
④安心の小人数(10名~20名様まで)のツアー


★第5回の今回は、歴史と映画の島『真鍋島』にご案内いたします!
真鍋島は、岡市笠岡港住吉乗り場から約18kmにある島。
平安時代末期に藤原氏の一族が水軍の根拠地を置いて真鍋氏を名乗り、全盛期には付近の島々をことごとく支配下に治めていたという説や、源平合戦で平家方に属した真鍋氏の城趾や供養のために建てたと伝えられる石造宝塔などの史跡があります。また、西行法師の「山家集」に詠まれるなど、歴史を今に伝える記録や史跡・行事の多さは、笠岡諸島でも随一です。
距離:約2㎞
時間:約3時間歩きます。

★ご昼食は、完全予約制の漁師小屋で、とれたれ新鮮の魚介を使った『豪快漁師料理』をご用意しております!
※写真はイメージです。当日の仕入れ状況により内容が変わる場合がございます。

 

★見どころ!
・五輪石塔群
真鍋島字岩坪の墓地に凝灰岩製の五輪塔群があります。平安時代末期から戦国時代末期の約400年間にわたる各時代の形式を備えており、真鍋氏一門代々の墓と伝えられています。
昭和33年、市の重要文化財(石造美術品)に指定されました。

・真鍋邸とホルトノキ
主屋は国の登録文化財に指定されており、明治初期に建てられた木造家屋で風格漂う書院造りの座敷を有します。軒先には樹齢250年といわれる太い幹を持ったホルトノキがあります。県内では珍しい樹木です。

・真鍋中学校
昭和24年に建設された木造校舎は、今でも現役で使われています。懐かしい佇まいを見学に訪れる方も多く、観光スポットとして知られています。趣のある外観は映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地としても使われました。

 

目的地 山陽
食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 1月22日・30日
    コース番号 3K1380

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・伊勢神宮外宮
    豊受大神宮は、豊受大御神をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神みけつかみであり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

     

    ・天照大御神の弟神・月夜見宮
    ご祭神は月読尊。天照大御神の弟神で外宮別宮 月夜見宮のご祭神と同じです。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。
    右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④の四別宮が並んで鎮座し、①から④の順にお参りされるのが一般的です。

     

    ・二見玉興神社
    御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があるといわれています。
    正面に見える夫婦岩は、その沖合約700m先に鎮まる、御祭神縁りの「興玉神石」と日の大神(太陽)を拝む鳥居の役目をしています。大小2つの岩が仲良く並ぶ姿から、夫婦円満や良縁成就を願う人々も訪れます。
    境内には、御祭神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、お金がかえる)が多数奉献されています。
    また、二見浦は古来より、清渚と尊ばれ、伊勢参宮を控えた人々が汐水を浴び、心身を清めた禊場でした。二見浦に参詣で、身を清めることを「浜参宮」といい、現在では、禊をする代わりに神社に参拝し「無垢塩祓」を受けることを「浜参宮」としています。

     

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 東海・中部
    食事 なし
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る